学習塾で徹底的に集客を考える、学習塾集客専門コンサルタント。チラシの書き方、クチコミの広め方、地域密着型塾の作り方、など成長率10%を誇るノウハウを提供

細分化

市場が成熟すると細分化します。

ある商品・サービスが世に出て、それが世のニーズと合致していれば、購入・利用する人が増えます。

お客さんの絶対数が増えれば、様々なニーズが出て来て、企業はそれに応えようとします。

他の会社がやっていないものを提供するようになります。細分化していくわけですね。

塾業界はすでに十分成熟しています。し過ぎるほどです。

なのに、細分化できていない、つまり、
・自塾の立ち位置=ポジショニングが明確でない塾
が多いように感じます。

何のための塾なのかはっきりさせてください。

成績を伸ばす塾…?

…まあ、そりゃそうなんですが…
誰にとっての何のための塾なのか?ということです。

中学生にとって成績を伸ばす塾…?

…まあ、非常に大雑把に言えばそうなんでしょうが…
もうちょっと絞りませんかね?

固有名詞で語れませんかね?
◎◎中学とか☆☆高校とか…

どの科目をどのぐらい伸ばすための塾なのか言えますか?

英語に強いのですね?数学ですか?
30点の子が50点になる塾ですか?
100点をキープし続ける塾ですか?

誰にとっての何のための塾なのかが明確にできたら、それを短いフレーズで言ってください。

長々と説明するのではだめです。伝わりませんので。
一瞬で伝えてください。15文字以内で伝えてください。

ポジショニングが決定し、それをうまく短いフレーズで表現できれば、それだけで勝ちですよ…とまでは言いませんが、実際、それだけでも、相当差別化ができているはずですよ。

だって、何も言わない塾が多いですからね。



掲載

お問い合わせはこちら