学習塾で徹底的に集客を考える、学習塾集客専門コンサルタント。チラシの書き方、クチコミの広め方、地域密着型塾の作り方、など成長率10%を誇るノウハウを提供

必須の知識ノウハウ

マーケティングの知識、及び、ライティングスキルorトークスキルは持っておくべきです。

例えば、サイト作成スキルは最悪なくても大丈夫です。簿記会計知識も最悪なくても大丈夫です。

それらは、当然持っておいた方が絶対に良いです。でも、代替しようと思えばできなくはないです。その専門家に依頼すればやってもらえます。

マーケティングの知識ノウハウは、自塾での生徒募集をする際に生かせます。Aをするか、Bをするかという選択は、マーケティングの知識ノウハウ、そしてセンスによります。

知識自体は書籍やセミナー等から仕入れることができます。が、必ずしも自塾にあっているとは限りませんので、それをベースにして実践してみる必要があります。そして数字を追いかけてみる必要があります。その結果、自塾にとっての成功方法を割り出す必要があります。

あくまでも、土台を学んだ上で実践をしなければいけません。
それには数字を把握する必要があります。
ブログ、サイトのアクセス、流入元の変化、問い合わせ件数等々、募集のためのアクションとそれらを照らし合わせていく必要があります。
ブログやサイトの更新していない、ということはすなわち、アクションに対する数字を把握できないということでもあります。
書かない奴にはライティングスキルは溜まりません。いくら書籍を読んでも実践がなければ得るものはありません。
私が、「サイトの更新頻度が低い塾は付き合わない」と思っているのも、それが理由です。成功できる段階に乗っていないのです。改善を提案するための数字が整っていないのです。
無料、割引、キャンペーンは無能な塾がやることです。それで集まることはないのに、マーケティングの知識等がないために安易にそれらに向かうわけですね。
近隣で無料系で攻めている塾があれば、笑っておきましょう。能無しの証明です。無料が大好きな層を引き取ってくれます。こちらは、価格が高くても品質を重視する層を相手にビジネスをやっていこうではありませんか。
ライティングスキルが多少下手くそでも書き続けているうちに必ず上手くなってきます。そもそも継続的に更新し続けている塾自体が少ないですので、更新頻度を上げるだけでも十分勝てます。
レベルの低い塾が多いせいなのですが、そのお陰で割とたやすく集められるようになります。
無料系しか集客方法がない塾、更新頻度の低い塾、自塾が勝ち残るためにはこれらの塾もある程度必要と言っても良いかもしれません。自塾の優秀さを際立たせる役割を持つので。


掲載

お問い合わせはこちら