学習塾で徹底的に集客を考える、学習塾集客専門コンサルタント。チラシの書き方、クチコミの広め方、地域密着型塾の作り方、など成長率10%を誇るノウハウを提供

学習塾SEO的不具合

ウエブサイトの内部の状況を診断するソフトを使っています。学習塾集客研究会の会員の皆さんには、無料で診断を行っております。既に数件の診断を実施しました。

出てくるものです。SEO的不具合というのが。

ウエブサイトのSOE対策が正しいのかどうか、ぱっと見た目では分かりませんよね。でも、このソフトで診断すると、様々なデータを抽出してくれます。結果、SOE上は、あまり好ましくない状況になっていることもあります。

というか、今までのところ、全塾でSEO上の不具合が出てきました。

◆キーワードの不足が多過ぎる

◆メタディスクリプションの設定がない

◆タイトルタグの記述が不適切

◆H1タグがない

◆メタディスクリプションの記述が不適切

◆ALT属性の記載が不適切

等々。

サイト内に記載している内容が悪いという話ではありません。SEOの効果を考えた際には、効果が薄いということです。

薄いという程度ならまだ良いのですが、下手をするとGoogleからペナルティを食らうことすらあります。検索結果の順位を落とされたり、最悪、表示されなくなったりします。

検索しても、自塾が表示されないというのは怖いですよ。ウエブ上には存在しない、に等しくなってしまいます。

怖いですよね。生徒の募集の何割かを失ってしま素わけですので。ウエブ集客がメインになっている塾さん(非常に多くなってきていますが)だと、致命傷にもなりかねません。

一生懸命サイトを作って、運営していても、SOE的に間違ったことをやっているとアウトなのですからね。悪気があろうとなかろうと。

 



掲載

お問い合わせはこちら