学習塾で徹底的に集客を考える、学習塾集客専門コンサルタント。チラシの書き方、クチコミの広め方、地域密着型塾の作り方、など成長率10%を誇るノウハウを提供

新年度生募集のSEO対策

9月になりました。夏期講習も終わり2学期もスタートしていることと思います。

さあ、新年度生募集の仕掛けを始める時期です。新年度生募集とは、2021年の春の募集のことです。

まだ半年ほど先ではないか? と思われることでしょう。

はい、その通りです。でも、既にスタートを切っている塾さんもあります。

そもそも、ウエブ集客を考えていくのであれば、常に考えておく必要はありますけどね。

時間はそれなりにかかります。

ブログ記事を積み重ねていくのは当然時間が必要です。それをベースにしてSEO対策を実行していき、成果が表れるまでも時間がかかります。

チラシだと即効性があるのではないか? それもその通りですね。即効性がある場合もあります。作りようによります。

ですので、(チラシの効果がある地域なら)チラシも使いますし、ウエブ集客も使います。使わない手はありません。

ブログ記事を積み重ねて、SEO対策を行って、検索結果上位を獲得できていれば、優秀な営業マンになってくれますよ。

ウエブで生徒を集めることはできない。

と思っていませんか? 集められるのです。そのためには、まずウエブで生徒を集めるという決断をすることです。覚悟を決めることです。

覚悟というのは、やはり記事の分量、ウエブサイト自体の分量は必要ですので、それは自分で積み重ねなければならない、言い換えると、自分で書かなければならない、ということです。

書ければ生き残れます。

どうしても書けないという人は、語ってそれを動画でアップしていくことです。

文章、動画、合わせてコンテンツと呼びます。そのコンテンツ量は必要です。

常時SSL化やモバイル対応は、設定してお終いです。すぐにできます。分からなければ業者さんに手伝ってもらっても結構です。

でも、さすがにコンテンツは自分で作るしかないのです。労力を割かなければなりません。

その労力を割くつもりがないのに、ウエブでも集めたい、というのは虫が良すぎます。勉強しないけど成績を上げたいというのと同じです。

幸い、塾業界はSEO対策にしてもブログ記事の分量、質にしても、さほど競争が強いわけではありません。比較的上位に出しやすいですよね。

新学期生募集時期が近づいて慌てて記事を数本書いたところであまり成果は見込めません。ずっとずっと書き続けている人には負けてしまいます。テスト直前になって慌てて勉強を始めても……のと同じことですね。

さあ、始めようではありませんか。半年後に、いや、早ければ3か月後ぐらいには問い合わせが入り始めますよ。

 



掲載

お問い合わせはこちら