学習塾で徹底的に集客を考える、学習塾集客専門コンサルタント。チラシの書き方、クチコミの広め方、地域密着型塾の作り方、など成長率10%を誇るノウハウを提供

集客の仕組み

塾の先生は、「仕組み」って好きですよね。「システム」とも言いますか。やたらと「仕組み」「システム」という言葉を聞く印象があります。

何をもって「仕組み」「システム」なのか分かりませんが。

まあ、それはともかく、ウエブサイトが働いてくれて、コンスタントに問い合わせが入ったり、体験授業の予約が入ったりすると良いですよね。

自分が教務にかかわっている間に、自動的にウエブサイトが働いてくれるわけです。寝ている間にも働いてくれます。旅行に行っている間にも問い合わせが入ります。

まさに、「仕組み」「システム」ですよね。

以前にも書きましたが、ウエブサイトに注力しない人の最大の問題点は、「ウエブサイトから問い合わせが入るとは思っていない」という点だと思うのです。

入りますから。どんどん来ますから。まずそこを考え直してほしいと思います。

皆さんのところは、どのぐらい問い合わせの人数があれば良いでしょうか?

月間2~3件あれば良いですか? 1教場でやっている塾さん、ほとんど塾長さんだけでやっている塾さんであれば、そのぐらいあれば、まあまあ嬉しいはずですよね?

年間でいうと30件~40件程度。このぐらいのレベルであれば、軽くいきますから。

ちゃんとウエブサイトは働いてくれます。

まず、問合せを獲得する、獲得できる道具だという認識をもって、取り組んでほしいですね。

寝ている間、旅行に出ている間に問い合わせが入るのは事実ですが、ただ、そこにもっていくまでは労力はかかります。お金はあまりかかりませんが、自分で作り上げていく必要があります。

更に、それを維持する必要があります。

ですので、完全なる仕組みとは言えないかもしれませんが、それでも、莫大なお金をかけて広告宣伝することを考えれば、非常に低コストで、問合せが得られるはずです。

これから開業する人も、最初にウエブサイトありき、で考えるべきだと思いますよ。

ウエブサイトを構築して、ブログ更新をして、SNSで拡散して、SEO対策をして……結局それらは、優秀な営業マンになってくれます。

こちら側が何か言わずとも、生徒保護者がファンになってくれます。すぐにとは言いませんが、そのうち問い合わせに繋がります。

ですので、サイトの存在自体を知ってもらう必要があります。それを後押しするのが、SEO対策です。

現在、無料でサイト分析を行っております。条件はこちらに記載してあります。

 



掲載

お問い合わせはこちら