学習塾で徹底的に集客を考える、学習塾集客専門コンサルタント。チラシの書き方、クチコミの広め方、地域密着型塾の作り方、など成長率10%を誇るノウハウを提供

学習塾SEOの土台3

SEOの土台 その1:常時SSL化=暗号化=https設定をすること

SEOの土台 その2:モバイル対応にすること、できればレスポンシブデザインにすること

というお話をしました。これらは、設定の話です。ですので、一度設定してしまえば、常に何か意識をすることもほとんどないはずです。

画像なんかをアップする際にはちょっと注意するべき時がありますけど、基本的には設定すればお終いです。

それに対して、今回覚えておいてほしいことは

SEOの土台 その3:記事を積み重ねること

です。

サイトは作ったら終わりではないのです。むしろ、作った時点がスタートです。そこからどうやって運用していくのかが問題なのです。

SEO関連でよく目につく記事としては「まず100本書け」という趣旨の記事があります。

100本が正解かどうか分かりませんが、たくさん書くというのは間違いではありません。私としては、提案しているのは、「まずブログを50本目指していきましょう」です。

100本が正解かどうか分からないのと同様に、50本が正解かどうか分かりません。が、1週間に1本ブログを書けば、年間で50本になるという目安です。

1週間に1本程度書けない塾が成功するとは思えません。そのぐらいの記事は覚悟してブログを書いて行ってほしいと思います。

もちろん、1週間に1本ではなく、4本も5本も書いて早く50本に到達する方が良いです。1週間に5本書けば、10週間で50本に到達します。2か月半程度ですか。いち早く、勝負の土台に乗れるということです。

逆に言うと、記事の本数が少ないと、SEOで勝負する土台に乗っていないということでもあります。

同様に、常時SSL化できていない、モバイル対応にできていない、というのも、SEOを考える上では不利です。

記事内容は何でも良いから闇雲に50本書けば良いというわけでもありません。そのあたりは、また後日お伝えしますが、まずは書く、書き続ける、という習慣をつけていってほしいわけです。

書き続けるのは大変かもしれませんが、それが習慣になれば、そう感じなくて済むことと思いますよ。

 



掲載

お問い合わせはこちら